忍者ブログ
ミリドニアなう

6章 その1

拍手ありがとうございます!

+++

さて、激動の6章。

引き続き舞台はグルカオン
物語中では首都→郊外→寂れた屋敷と移動したけどキャラバンの場所に変化はなし

不覚にもストーリーロックメモるの忘れてたんですが多分
7話ロックは「クロヤギ配達員」限定
11話ロックは「馬の飼育員」限定

キャラバンのお客さんは
ミリドニアおばちゃん、ミリドニアおじちゃん、ミリドニア兵士、柄の悪い男「クククッ…!」
ガットウもとい騎士1、侍女1、ブラン
ナレク(8話まで、台詞は前と同じ)、ヴィーノ(前と同じ)、リオット「くっ…私は…」

LOVEチャンス台詞
「痛み入ります…」「ご用命とあらば」「私を信じてほしい」「強くあらねば」「姫、貴女だけは…」

DAMEチャンス台詞…は全章共通ですよね?
「素晴らしい動きです、姫」「貴女を守らせていただきたい」「姫といると力が湧いてきます」

LOVE度800でホームキャラのLOVE度最大
・ホームキャラの台詞、寝室警備シリーズと勝手に呼んでるんですけど、部屋の外→(部屋に入って)戸締り→カーテンも閉める、とセコム度が上がってくのがすき
・で最終的に姫の寝顔を愛でてるっていうwww入室するわけがないみたいな態度の男はどこへwww
・あとハート3の朝の「屋敷まで~」の台詞、一晩中外で何してたのかとかずっと二人でいたのかとかいろいろ勘ぐりたくなる
・尚ハート最大になると完全に”一夜を共にしたベッドの上での台詞”になる。後朝の歌かよ平安貴族かよけしからん…

以下ストーリー感想
・焦燥リオット。実際のところどういう状況なのかって情報が少ないと不安になるよね
・そしてナレクと衝突。ここでアニちゃんがリオットさんの心情を察知してるのが…
・そういう感情の機微がわかっちゃうくらいリオットを見て、リオットのことを考えてきたんでしょ…
・ナレクは純粋だなあ…あと本当にリオットを慕ってたのがわかるね、いやナレク√で知ってたけどね
・ヴィーノは本当に優しいひとだなあ
・ミリドニア組の根が素直で情に厚いところが好き
・7話、リオットさんだだ漏れです抑えて
・本性がちらりしてたよね、へりくだってはいるんだけどグイグイ迫って主導権は渡さないっていう…この話もまた後程(たぶんエンディング感想のあたりで)

どう考えてもこの先長くなるので中途半端ですがここで一旦切ります。
続きは近日中に。

拍手