忍者ブログ
ミリドニアなう

ver1.04感想続き

もちろんネタバレ。








今日はアプデで追加されたメアリーで迎える新エンディングについて。
そもそも新エンディングの存在をネットのネタバレで偶然知ったので、ネタバレ見ちゃったものはもう狙うしかないと思いちゃっかり分岐条件も確認して望みました(笑)。
メアリーと出会う所で出た選択肢、初見だったらビビって心臓おかしくなってただろうなぁ…ちょっと心残り。

まずはメアリーとひたすら仲良くする方向で。
ギャリーはかわいそうだけどたからさがし失敗してもらって…と思ってたら配置が…?!というわけで普通に時間切れになりましたw
そしてついに来た新展開!!…これは、イヴとメアリーが辛すぎる。
ギャリーがおかしくなってしまって前へ進む気力を完全に失ってしまうイヴ。それだけイヴにとってギャリーの存在が大きかったということが改めて示されていて…
この場所は、ビンタするにしろ座りこむにしろ、イヴがプレイヤーの手を離れて行動を起こす数少ないポイントなので余計にイヴの心情が伝わってくる気がします。
一方のメアリーですよ!声を掛けても腕を引いてもイヴが応えてくれなかったこの時のメアリーを思うと心が痛むどころじゃない。

そして、一度部屋を出るも、また戻ってくるメアリー。
本当に辛くて辛くてしょうがないと感じつつ、だが、しかし、テンションが上がる上がる!!
Ibの持つ、じわりと滲み出るような不気味さや狂気が大好きな私は大盛り上がりでした!大興奮でした!!
主にメアリー好きさんにパレットナイフ投げられてしまうな…
でも正直こういうの大好物です!!

部屋に集まったゲルテナ作品とかテンション上がるだろ!!
俯いたギャリーと倒れたイヴと満面の笑みのメアリーのどうしようもないちぐはぐ感、たまんないね!!
極めつけは最後のメアリーのあの表情!
「邪魔だなあ」とかで顕著になっていた通りメアリーは狂気の面を持っていたけれど、友達と一緒に外に出るという望みが叶わなくなったことと、外には出られなくても友達は失いたくないという思いから狂ったほうへ傾き歪んでしまったのかな、なんて思いました。
やっと3人で迎えられたEDがこれという……そんなIbが好きです!!!


次はメアリーのご機嫌にかまわず進める。
すると……マジでメアリー操作キタ―――!!!
メニュー画面や美術品や本を調べては背筋が冷たくなりつつもテンション上がりました。
そして「絵空事の世界」に飛び込んでから、ですが、この展開がIbをやってて一番怖かったです。いままでで一番の絶望感でした。
あまりの救われなさに終わった後しばし呆然としていました。
暗くなっていく中で色々調べるために2回はこのEDを見たのですが、まだ見逃していそうだしもっとちゃんと見たいんですよね。
でもなかなか手が付けられない。もう一度このEDを迎えるのは相当気力が要ります…。
それくらい絶望感が大きかったんです…。


こうして2つの新エンディングを体験して(一つはトラウマに近いものがあったけど)私はIbがますます大好きになったのでした。

うん、きれいに締めたぞ!

拍手