忍者ブログ
ミリドニアなう

第5弾

5本目は、最後だからと言って何か仕掛けがある訳でもないリオ→←アニ。



夜の市街を歩くアニ。隣にはリオットが護衛として供をしている。
盛り場へ出れば違うのだろうが、城から貴族街へのその道は静寂に包まれ、すれ違う人もほとんどいない。
「今夜は星がよく見えますね」
ふと、空を見上げてアニが言った。つられるようにリオットも空を見て肯いた。
「ああ、そうですね」
「あの星があそこにあるってことは……こっちが北、ということは、イナコはあっち、ですね」
「姫は星から方角を知る術をご存じなのですね」
少し驚いたような声音でリオットが尋ねる。
「はい、トムソンさんから教わりました!夜迷子になったら星を見なさいって」
アニがきりりと逞しい顔つきで答える。
それを聞いたリオットは、視線は空に向けたまま、口元をわずかに緩めた。
「そうですか。私も遠征で夜通し移動するときなどは、星を頼りに進みました」
「そういえば、夜間訓練もするっておっしゃってましたもんね」
「ええ。しかし、星の見方を教わったのは騎士になるずっと前……幼い、子供の頃でした」
「……、そうなんですね」
アニは一瞬目を見張り、そしてすぐに笑顔になる。わずかな星明りの下でも、リオットにはその笑顔が何よりも輝いて見えた。
眩しいものを見るように、リオットは目を細めた。
「でも、何だか不思議です」
笑みを浮かべたまま、アニは話を続ける。
「何がですか?」
「私とリオットさん、全然違う場所にいたのに同じ星を見ていたかもしれないって思うと不思議な気持ちです。私の知らないところで、リオットさんが確かに生きてたんだなあ、みたいな……すみません、何言ってるのかわからないですよね」
苦笑するアニに、やや間を置いてリオットが答えた。
「少し、わかるかもしれません」
「え?」
アニが意外そうにリオットを見上げる。
「貴女と私は確かに同じ時を生きていて、そして貴女は、いつでも家族や民の愛に包まれていたのだろうと、そう感じます」
そう言葉を紡ぐリオットの声はどこまでも穏やかだった。
リオットのその言葉と表情に、アニの胸がきゅっと締め付けられる。
それ以上何も言えず再び星空を眺めるアニの手を、リオットの手が包み込む。
「余所見をしていると危ない」
そうは言いながらも、空を見るのを咎めるでもなく、リオットはアニと歩調を合わせる。
「あ、ありがとうございます……」
アニは礼を述べながら顔が熱くなるのを感じた。
会話が途切れ、二人は黙って遠い空と、隣の相手に思いを馳せる。
導くように導かれるように手を繋ぎ歩む二人を、星明りが照らしていた。



似てないようで似ている、でも近くて遠い、そんな感じのリオアニ。
いろいろ葛藤もあったと思うけど、その距離感をグイグイ詰めてきて最終的にゼロ距離になるのがリオット√のいいところ。

ということで、リオット誕生祭ひとまず終了!
自己満企画でしたが、閲覧してくださった方に少しでも萌えていただけていたら嬉しいです。せっかくお越しいただいたのに萌えていただけていなかったら申し訳ないですが、私はやりきった達成感でスッキリしています!

最後にもう一度、リオットさんお誕生日おめでとうございます!
アニちゃんとお幸せに!!

拍手